遼馬プロ初勝利 ヤクルトに3−2

 ◇4日 神宮
阪  神 000 200 000 001=3
ヤクルト 000 002 000 000=2
 (神)メッセンジャー、玉置、松田、福原−藤井彰、清水、日高
 (ヤ)木谷、久古、石山、山本哲、バーネット、ロマンー相川

 勝 松田 1勝2敗
 S 福原 4勝13S
 敗 ロマン 3勝6敗1S

 ▽本塁打 バレンティン60号2ラン(6回=メッセンジャー)

 ヤクルトひと筋19年の宮本選手の引退試合でした。史上初の2000安打&400犠打。引退会見で「楽しんでプレーしたことは一度もなかった」と話したように、自分に厳しい姿勢でツバメ軍団を引っ張ってきたリーダーでした。3度の日本一。日本代表での活躍もご存知の通りです。引退試合にはPL学園の先輩らも多数、駆けつけていました。

 阪神は若手を交ぜた布陣。森田の適時打、上本の3安打などありましたが、本日ばかりは主役は宮本。60号バレンティンでさえ「シンヤさんのために」と話したそうです。

 さあ、明日は甲子園で、桧山選手の引退試合です。「5番ライト」でスタメン。どんな勇姿を見せてくれるでしょうか。