鳥谷5打点、西岡5安打で5連勝 ヤクルトに11―7

 ◇11日 松山
阪  神 104 023 010=11
ヤクルト 030 200 020=7
 (神)岩田、鶴、加藤、筒井、安藤、福原―日高、藤井彰
 (ヤ)小川、押本、正田、江村、七條、松岡―中村

 勝 鶴  1勝0敗
 敗 押本 1勝2敗

 ▽本塁打 鳥谷3号3ラン(6回=江村)、バレンティン11号ソロ(8回=筒井)

 9回、4点差、無死満塁のピンチ。中西投手コーチが苦しむ福原のところに行きました。07年、久保田に岡田監督が「ムチャクチャしたれ」とゲキを発した光景が(ちょっとだけですが)よみがえりました。一発同点の場面でベテランが踏ん張り、5連勝達成です。

 それにしても、よく打ちました。西岡が移籍後初の5安打。鳥谷は豪快な3ランを含めて5打点を挙げ、マートンも猛打賞です。柱となる3人が打ちまくれば、こういう試合になります。

 ヤクルトとは開幕からこれで4カード目。好調な打線の裏には、同じ投手(それも相手は少し疲れが見える)との対戦が続いていることがありますが、1勝はいつ、どこから挙げても同じ1勝です。巨人が勝ったので交流戦前の首位奪取はなくなりましたが、明日も勢いを持続してほしいものです。