兄ちゃんが1号2ラン

◇21日 広島戦(倉敷)
阪神010 011 202=7
広島000 000 010=1
阪神 スタンリッジ、加藤ー藤井彰
広島 大竹、中田、福井、江草ー石原
勝 スタンリッジ 2試合1勝0敗
敗 大竹     4試合1勝2敗

 出ました。新井の兄ちゃんのバットからオープン戦1号弾が飛び出しました。9回、元同僚の江草から左中間へ2ラン。右肩痛、背中の張りでかなりの出遅れとなりましたが、何とか開幕1軍メンバーに名を連ねられる状態にまで、コンディションは戻ってきました。兄・貴浩が5打数2安打2打点なら、弟・良太も5打数3安打2打点と、一歩も譲るつもりはないようです。この相乗効果にもつながる競争がずっと見たかったのです。
 先発スタンリッジは8回を被安打8の1失点と開幕に向けたチェックも万全。開幕「2番・中堅」が決定的な大和は2打数無安打も2四球と、昨年までになかった選球眼を見せています。さらに4回の守備では、無死三塁からルイスの中飛を捕球すると、本塁へ絶妙のワンバウンド送球で三塁走者の丸を刺しました。開幕に向けチームは上昇カーブを描いてます。