プレ開幕戦に勝利

◇12日 甲子園 オープン戦
ヤクルト000 020 200=4
阪  神000 005 01×=6
(ヤ)村中、増渕、藤田、江村、久古ー中村、川本
(神)スタンリッジ、福原、島本、二神、藤原、鶴ー藤井彰、今成、清水
 勝 福原  2試合1勝
 S 鶴   3試合1勝1S
 敗 増渕  3試合1敗

 ▼本塁打 川崎1号2ラン(7回=島本)

 ヤクルトは3月29日に開幕戦で対戦する相手です。きょうからの2連戦は前哨戦の意味合いが強く、手の内の出し惜しみなども少しはあると思いますが、それでも負けるよりは勝つ方がいい。エース格の左腕村中からは1点も取れませんでしたが、2番手の増渕に代わるといきなり6回に6安打で5得点。今年の打線は一気呵成の破壊力があることを示すことになりました。
 先発したスタンリッジは4回まで失策1つに抑える無安打無失点ピッチング。5回に制球が乱れて2失点しましたが、本人も登板後に「走者を置いたピッチングをしたかったんだ」とジョークを飛ばす余裕があるほど、シーズンに向けて順調と言えるでしょう。