連日の僅差勝利 ロッテに4−3でオープン戦4連勝

 ◇7日 オープン戦 甲子園
ロッテ 100 200 000=3
阪 神 210 001 00×=4
 (ロ)木村、ゴンザレス、服部―里崎、金沢
 (神)白仁田、小嶋、川崎、藤原、二神ー小宮山、岡崎

 勝 川崎 1試合1勝
 敗 ゴンザレス 2試合1敗
 S 二神 2試合2S
 ▽本塁打 井口1号ソロ(4回=小嶋)

 9回、制球を乱した二神が2死満塁のピンチを招きましたが、何とか無失点でしのぎ、オープン戦は1分けを挟んで4連勝となりました。

 初回は4番・新井良が2点タイムリー。先頭・西岡の安打出塁を2日連続で先制得点につなげました。2回は大和がタイムリーを放って追加点。

 小嶋が4回に井口の2ランを浴び、3ー3に。6回、試合を決めたのは福留のバットでした。右中間へ勝ち越しの二塁打。西岡も2安打し、新戦力がいい仕上がりを見せています。

 前夜、球団の激励会に出席した阪神の坂井オーナーは<調子が良すぎて怖い>という主旨の話をされていました。引き締めるところは引き締めて、開幕までしっかり調子を上げていって欲しいものです。