ヤクルト戦は8―8 初回7得点の猛攻もドロー

 ◇24日 浦添
阪  神 700 000 100=8
ヤクルト 113 000 021=8
 (神)岩本、秋山、藤原、鶴―藤井彰、日高
 (ヤ)八木、中沢、小川、江村、日高、バーネット―中村
 ▽本塁打 岩村ソロ(1回=岩本)

 連日、よく点が入ります。

 この日は初回に打線がつながりを見せました。先頭上本が四球で出ると、大和がバスターエンドランに成功して内野安打で一、二塁。3番でオープン戦初出場の西岡が右前打で満塁とチャンスを広げ、新井良に先制2点タイムリーが出ました。福留四球でまた満塁となり、マートンが押し出し四球をゲット。コンラッド、さらに打者一巡した上本に2点タイムリーが出て、一挙7点が入りました。

 投手陣が少し残念でした。ここまで実戦で結果を出してきた先発・岩本が苦しい投球。初回にヤクルト復帰の岩村に一発を浴びると、2回にはミレッジに適時打。3回は武内、森岡の適時打などで3点を失いました。4回7安打5失点で、2番手の秋山も3回2/3を6安打2失点。9回には4番手の鶴が同点とされ、試合は引き分けに終わりました。