藤浪がブルペン入り

捕手を立たせて30球を投げました。

ブルペンを囲む約200人のファン、報道陣の視線を独り占めしていました。