秋季キャンプ2日目

初日に引き続き、快晴の元で行われた秋季キャンプ2日目。
この日は紅白戦は行われず、フリー打撃やシートノックなど、通常の練習が行われました。
臨時コーチも訪れ、広岡達朗氏(80)がブルペンから投手陣に熱視線を送るなど、精力的に動き回っていたのが印象的でした。
昨年の秋季キャンプでは白仁田を手取り足取り指導。今年も「やっぱろ成長しているよ」と太鼓判を押しています。

全体練習後には伊藤隼が室内練習場で特打。
吉竹コーチを相手に時折声を出しながら気合のバッティングを見せていました。

あすも紅白戦は行われず、個々がレベルアップに務めます。
始まったばかりの鍛錬の安芸。全力で取材していきます。

 
  • コメント(全8件)
  • ぼーふーー 
    11/3 01:00

    んで西岡取るの取らないのどっち
  • マー坊 
    11/3 01:14

    広岡今でも来るんや。かつて阪神から監督要請あって、断った方。

    その理由の選手を後に西武の監督で使う事になるとは

  • 九虎☆がんばろう熊本2017☆ 
    11/3 01:31

    タイガースのコーチ陣が広岡さんから指導の仕方を学んで欲しいと思うね
  • キャノン 
    11/3 01:38

    やっぱろって間違えてないですか
    白仁田も早く一軍でみたいな〜

  • 荒波 
    11/3 07:42

    伊藤、来年は飛躍の年にしてくれ

  • ねこうどん 
    11/3 22:05

    飛ばないボールにしっかりスイングするバッテイング。甘いボールを打ち損じせず仕留めれる技術。

    9回まで持たない先発陣を鍛える。ストレートで勝負できるピッチャーを育てる
    走塁技術を磨き、相手ピッチャーにプレッシャーをかけれるようにする。

    もっと競争力を持つ

    フロントが野球を勉強する。(日高いるの?)
    頑張れ若虎!\(^o^)/
  • いーちゃん 
    11/4 00:09

    日本シリーズ後味悪く終わっちゃッ
    審判の問題もあるだろうけど…あれは大げさ過ぎる
    JAROに
    訴えた

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)