第1クールを終えて

11日で「みやざきフェニックスリーグ」は第1クールが終了しました。
4試合を戦い、1勝2敗1分け。勝利した相手は韓国プロ野球の斗山ベアーズでしたので、日本球団にはまだ勝利していないことになります…

でも今の時期、勝敗よりも大切なモノがあるはず!
斗山戦で勝利投手となった松田投手も「今年投げた中で一番良かった」と話していましたし、各選手、着実にレベルアップしてるのは間違いないようです。

今クールで注目を浴びたのは「3番西田、4番中谷、5番一二三」の「次世代クリーンナップ」の3人。
ここまで西田選手は15打数3安打2打点、中谷選手は12打数2安打2打点、一二三選手は15打数2安打0打点。まだまだ本領発揮とは言えません。
それでもこの18試合で鍛えに鍛えて、来春はぜひ沖縄の地でキャンプを送ってほしいと思います。

きょう12日には新たに岩本投手、白仁田投手、藤原投手、今成捕手、上本選手、俊介選手、坂選手、伊藤隼選手、森田選手、黒田選手の10人が合流します。フェニックスリーグとはいえ、結果を出さないと出場機会はどんどん減っていくもの。チーム内での争いも、しっかり見届けたいと思います。