序盤の猛攻で勝負あり DeNAに5−2

 ◇24日 甲子園
DeNA 000 000 002=2
阪  神 320 000 00×=5
(D)三浦、林、牛田ー鶴岡
(神)安藤、榎田ー藤井彰

勝 安藤 3勝4敗
敗 三浦 6勝4敗
S 榎田 2勝0敗1S

▽本塁打 マートン2号ソロ(1回=三浦)、平野1号ソロ(2回=三浦)

 DeNA・三浦の立ち上がりを、阪神打線が鮮やかにとらえました。
 1番のマートンが先頭打者本塁打。さらに平野、新井の安打で築いたチャンスから、金本、ブラゼルが連続タイムリーを打ちました。

 2回は平野が甲子園では自身初の本塁打となる今季1号アーチ。新井のタイムリーも出て、5点のリードを奪いました。

 さすがに意気消沈?のDeNA打線を尻目に、安藤がナイスピッチングを展開。9回は打球を体に当てるアクシデントもあり、筒香のタイムリー内野安打で1点を失って完封勝利を惜しくも逃したのですが、榎田のリリーフで勝利を締めくくりました。

 勝率5割復帰。ナゴヤドーム→神宮と続く遠征へ、勢いを持続して欲しいものです