備えあれば憂いなし

リーグ戦再開2戦目となるこの日は、朝から涼しげなお天気。
風が心地よく、選手たちも試合前練習では気持ちよさそうに汗を流しておりました。

じっと目を凝らしてみると、見慣れない?光景が。
外野でウオーミングアップやキャッチボールをしていた安藤投手と岩田投手が突然二塁ベース付近に走ってきて、小宮山選手、野原祐選手、柴田選手、田上選手、今成選手といった若手野手と一緒に走塁練習を始めたのです。
フリー打撃を行っている打者が打つ打球に合わせてリードオフをとったり、スタートを切ったりと、必死に打球判断を繰り返していました。

山脇コーチも、「投手が走者の時のランエンドヒットも想定している」とのこと。交流戦も終わり、投手も打席に入ったり走者になったりする機会が増えることを見越しての練習でしょう。

さて、能見投手が先発でプレーボールがかかりました。
きょうこそスカッと勝利を収めてほしいモノです。