金本の一発で逆転勝利!

 ◆8日 甲子園ナイター
オリックス 000 100 000=1
阪   神 000 000 30X=3

(オ)西、吉野、香月、平野、小松―鈴木、横山
(神)スタンリッジ、福原、筒井、榎田―小宮山、岡崎

勝 筒井2勝1敗
S 藤川1勝1敗11S
敗 香月1勝2敗

▽本塁打 金本3号3ラン(7回=平野)

 試合開始から雨が降り続いた甲子園。ずぶ濡れで声援を送った虎党に7回、大きなプレゼントが待っていました。0―1で迎えた7回、1死二、三塁から4番・金本が右翼席へ試合をひっくり返す3号逆転3ラン。オリックスのセットアッパー・平野を見事に打ち砕いた一発でした。これで金本は本塁打を放った投手が通算224人となり、228人のローズ(元オリックス)に次いで単独2位に浮上しました。
 投げてはスタンリッジが援護が5回3安打1失点と好投。1失点も味方の失策によるもので、自責点は0。援護が遅く勝ち星はつきませんでしたが、足下が悪い中で文句のつけようがない投球でした。
 福原、筒井、榎田、藤川のリリーフ陣も1イニングずつを無失点。しっかりバトンをつなぎました。
 ミスもたくさんありましたが、とにかく悪条件の中で勝ったことが大切。この勢いで関西ダービー連勝フィニッシュといきましょう。