交流戦へ弾みの勝利

DeNA戦8ー3◆13日 横浜
阪 神420 000 002=8
DeNA000 030 000=3
(神)メッセンジャー、筒井、榎田、渡辺ー藤井彰
(D)国吉、田中、藤江、小林太、菊地、篠原ー黒羽根

 勝 メッセンジャー(7試合3勝2敗)
 敗 国 吉     (6試合1勝4敗)

 久々に序盤から安心して見ていられました。やはり4番・金本の凄みでしょうか。初回に押し出し四球を選び先制。6番に入った浅井の内野ゴロの間に1点を追加し、ブラゼルが右中間に2点二塁打。日頃、うっぷんばかり溜まっている阪神ファンのお母さん方に最高の「プレゼント」となりました。今までだったら1死満塁でも併殺や三振、浅めの飛球など、ことごとくチャンスをつぶしてきましたが、ヒットにはならなくても転がせば、何かが起こるわけですから、浅井の三塁ゴロでの1点は本当に大きかったですね。その浅井が2回には遊撃内野安打のタイムリー。派手さはなくても、国吉にはボディーブローとなったはずです。3回以降はヒットも追加点、さらに四球などによる走者も出ませんでしたが、9回にマートンがトドメの2点タイムリー。交流戦前の最後の戦いを勝利で終えることができました。
 16日からは交流戦が始まります。開幕カードは甲子園での日本ハム戦です。斎藤佑ちゃんのとの対決はなさそうですが、時間がある方は応援に行って下さい。母の日のプレゼントがまだ見つかっていない方は、阪神戦のチケットをプレゼントしてはどうですか。