広島戦は5―0で快勝!

◆25日 甲子園
広 島 000 000 000 =0
阪 神 200 030 00X =5
(広)大竹、江草、岸本、今村、中村恭ー白浜、上村
(神)久保、榎田、鄭凱文ー小宮山

勝 久保(2勝1敗)
敗 大竹(2勝2敗)

 投打がガッチリとかみ合いました。
 初回に広島先発の大竹を攻め、1死一、二塁からブラゼルが右前へ先制打。続く金本も右前に運び、2者連続適時打で2点を先行しました。5回には先頭のマートンが右中間三塁打で出塁し、平野が猛打賞となる中前適時打。さらに2番手・江草のボークと代打・城島の右犠飛で突き放しました。
 投げては先発の久保が快投。初回の先頭・梵に中前打を打たれてから6回終了まで一人の走者も出さない完璧な投球を見せ、7回2死満塁のピンチも、前日に決勝弾を放った堂林を空振り三振に仕留めて脱出。7回2安打無失点で2勝目を挙げました。8回は榎田、9回は鄭凱文が抑えてシャットアウト。26日の3戦目で勝ち越して、9連戦に弾みをつけたいものです。