中日戦3―1で勝利

◆13日 甲子園
中  日 100 000 000=1
阪  神 100 101 00X=3

(中)山内、小林正、鈴木、ソーサ―谷繁
(神)能見、藤川ー小宮山

勝 能見(2勝)
S 藤川(5S)
敗 山内(1勝1敗)

 雨の中で始まった試合。初回に嫌な感じで失点した能見ですが、その後は尻上がりの投球で8回を1失点とエースの貫禄を見せてくれました。

 打線も粘り強さを発揮しました。初回は表の守備で送球ミスをした新井が1死一、三塁からきっちりとセンターへ同点犠飛。4回は無死一、三塁から金本がバットを折りながらも中前へ運ぶ勝ち越し打。6回の平野の適時打も執念で中前へ運んだ一打でした。

 9回、3連投の藤川が満塁のピンチを招いたのは、ちょっと気になりますが、これでチームは1分けを挟んで3連勝。単独首位もがっちりキープです。