猛打爆発15安打10得点で首位浮上

広島戦10ー2◆10日 マツダ
阪  神204 002 020=10
広  島000 200 000= 2
 (神)メッセンジャー、渡辺、福原ー藤井彰、小宮山
 (広)大竹、篠田、中崎、岸本、江草、今村ー倉、会沢

勝 メッセンジャー(1勝)
敗 大 竹(1勝1敗)


 やりました首位です。首位に立っていた広島を下し、中日が巨人戦に引き分けた瞬間、阪神が首位タイに浮上しました。それも最高の試合展開でトップを手に入れました。猛虎打線が爆発です。今季最多の15安打10得点。何と10得点は両リーグ初の2ケタ得点です。初回にブラゼルの2点タイムリーで先制すると、3回にはブラゼルからの5連打を含む6安打で4得点。すべてシングルというのは寂しかったですが、つなぎの野球を見せてくれました。そこで終わらないのがこの日のタイガースです。6回に新井が2点タイムリー、8回には鳥谷が今季1号となる2ランを右中間に放り込みました。打った相手が元同僚の江草というのは気の毒でしたが、勝負の世界です。そんなことは言っていられません。メッセンジャーも7回2失点で今季初勝利と楽しい夜でした。
 しかし心配なのは2回に大竹から顔面死球を受け負傷退場した藤井彰です。今の時点で詳細は不明です。長期離脱するような大ケガでなければいいのですが、本当に心配です。