巨人戦は3―0で勝利

◆6日 甲子園
巨  人 000 000 000=0
阪  神 000 010 11X=3

(巨)沢村、高木京、小野―阿部
(神)能見ー小宮山

勝 能見(1勝)
敗 沢村(2敗)

 エース・能見が今季初の「伝統の一戦」で巨人打線を2安打完封。6回以降は無安打と安定感抜群の投球でした。神宮から移動日なしのナイター。「リリーフ陣を休ませようと思った」のコメントにもエースの自覚がにじんでいました。

 打線も5回に平野の適時打で先制し、7回に小宮山のスクイズで中押し、8回に大和の適時打でだめ押しと効果的な点の取り方でした。

 それにしても巨人打線は元気がないですね。もう少し寝ておいてもらって、あすも甲子園で六甲おろしを歌いましょう。