日米親善試合・マリナーズ戦

◆25日・東京ドーム
マリナーズ:000 000 001=1
阪   神:030 000 20X=5
(マ)ノエシ、ラミレス、ウィルヘルムセン、リーグーオリボ、ジェイソ
(神)岩田、藤原、渡辺、福原、榎田、藤川ー小宮山
▼本塁打
金本(神=2回2ラン)、ウェルズ(マ=9回ソロ)

 オープン戦絶不調!?だった猛虎が、メジャーリーグを日本に迎えた一戦で目を覚ましました。

 2回、新井とブラゼルの連打で無死二、三塁として、城島のサードゴロで1点を先制。続く金本がライトスタンドに2ラン本塁打をたたきこみました。右翼手・イチローも全く動かない、豪快な一発でした。

 先発の岩田は独特の「動く球」で好投。3番・イチローには1回にレフト線安打を浴びたものの、4回の対戦では4球目にバットをへし折ると、続く5球目でセカンドライナーに仕留めました。5回は1死満塁のピンチをしのぎ、5回無失点という上々の結果でした。

 7回には柴田、そして当たりが止まっていた鳥谷がタイムリーを放って2点を追加。9回に藤川がソロ本塁打を打たれて完封リレーは逃したものの、シーズン本番を思わせる6投手の継投で、快勝を決めました。

 スタメンレフトに入ったブラゼルの守備はちょっと(かなり?)不安でしたが、開幕すれば、そこに入るのは金本。あすのアスレチックス戦も勝って、エンジン全開で開幕に向かいたいところですね。