オープン戦・広島戦

◆21日・京セラD
広:000 122 000=5
神:000 000 000=0
(広)福井、中崎、大島、江草、今村、サファテ−石原、倉
(神)二神、藤原、渡辺、福原、榎田、藤川−藤井彰、小宮山

 貧打は相変わらず…。わずか3安打に抑え込まれ、オープン戦6度目の完封負けを喫しました。

 5回の先頭・新井まで福井にパーフェクトピッチ。ブラゼルのチーム初ヒットとなる中前打、金本の四球などで2死一、三塁としますが、オープン戦初スタメンの藤井彰が二ゴロ。

 6回は2死一、二塁から新井が右前打も、二走・関本がホームに還れず。続く2死満塁、ブラゼルは三直に倒れました。

 先発・二神は3回まで無失点も、4回、2死から四球で走者を出し、丸に右越えへ適時三塁打を浴び、先制を許しました。2番手・藤原も5回、先頭・石原へ死球を与え、2失点。2死二塁、ニックの左前打で、二走・石原は悠々ホームイン。左翼・金本はバックホームの体勢もなく、二塁に返すのが精いっぱい…。3番手・渡辺も6回、四球が絡んで2失点。

 投打ともにいいところなし。マートン、久保ら離脱者続出の中、和田阪神、大丈夫でしょうか…?