オープン戦、広島戦

◆20日・高松
広:000 000 000=0
神:000 001 00X=1
(広)バリントン、大竹−倉、石原
(神)メッセンジャー、安藤−小宮山、藤井彰

 先発メッセが5回、安藤が4回を投げて完封リレーを完成させ、虎の子の1点を守ってオープン戦2連勝となりました。

 スコアレスで迎えた6回に、この回先頭の伊藤隼がレフト前ヒットで出塁。犠打などで三塁に進み、鳥谷の一塁ゴロ失策打で生還し、これが決勝点になりました。

 明るい材料といえば、藤井彰が戦列に復帰し、8回からマスクをかぶったことでしょうか。小宮山との正捕手争いに注目です。その小宮山も1安打を放ち、アピールが続きます。

 一方で、マートンに筋挫傷の診断。開幕スタメンは相当厳しくなりました。久保もインフルエンザに感染していることが分かり、本隊から離脱することに。一難去ってまた一難…。別の見方をすれば、若手に再びチャンスがきたとも言えます。期待しましょう。