オープン戦・西武戦

◆18日・西武D
神:000 600 000=6
西:000 000 300=3
(神)岩田、スタンリッジ、藤川−小宮山
(西)十亀、武隈、小石、星野、野上、岡本篤、ゴンザレス−炭谷、星孝

 一挙6点のビッグイニングで、オープン戦の連敗を4でストップしました。

 3回までほぼ完ぺきに抑え込まれていた西武のルーキー・十亀に4回、猛虎打線が襲い掛かりました。1死一塁から城島が左中間へ先制の適時二塁打。続くブラゼルが右前へ連続適時打。林が中越え二塁打で続き、1死二、三塁とし、小宮山が中前にはじき返して3点目を奪いました。新井から小宮山まで5連打です。

 伊藤隼が三飛に倒れて2死一、三塁も、平野が一塁強襲の適時内野安打で4点目。トドメは2死一、二塁から柴田が一塁線を破る2点三塁打。スカッとする打者10人攻撃でした。

 投げては先発・岩田が毎回安打を許しながら、4回無失点。7個のゴロアウトを奪うなど、持ち味を発揮しました。2番手・スタンリッジは7回、やや制球を乱し、3安打を浴びて3失点。一塁けん制悪送球も失点に絡んでしまいました。9回は守護神・藤川が2奪三振、3人斬りで締めました。