オープン戦・ヤクルト戦

◆14日・甲子園
ヤ:002 001 000=3
神:000 010 000=1
(ヤ)日高、山本哲、押本、松岡、平井−相川、川本
(神)二神、藤川、小林宏、若竹−小宮山、清水

 きょうの先発は二神。ちょっと意表を突かれました…。その二神ですが、4回6安打で2失点。3回2死無走者から、連打と四球で満塁とされ、バレンティンに痛打されて2点を失いました。

 小林宏は6回に3番手で登板。単打で出した無死一塁から、代走の盗塁、そして進塁打と暴投で失点しました。7回は3人で抑えただけに、悔やまれます。

 2死無走者からであったり、暴投がらみであったりと、失点の内容がいまひとつ良くありません。オープン戦ですから、課題は開幕までにきっちりと修正してくれることでしょう。

 そして、金本がついに今年初の実戦レフト。ヒットの打球で目測を少し誤ったのか、ファンブルする場面がありました。早くカンを取り戻してほしいところです。打つ方では5回にタイムリーを放って勝負強さを発揮。開幕レフトのスタメンを誰にするのか、依然として悩ましい問題です。
 
 どんよりとしたムードの中、球児がこの日も1回無安打2三振と万全のピッチングを披露。キャンプ中よりも、さらに直球の伸びが増した感じです。心強いですね。若竹も2回を6人でピシャリ。いいリズムでした。