オープン戦・ソフトバンク戦

◆7日・ヤフーD
神:000 000 000=0
ソ:000 000 10X=1
(ソ)ペニー、ピント、神内、吉川、金沢、ファルケンボーグ−細川、高谷、山崎
(神)小林宏、小嶋、久保田−清水
 
 注目の先発・小林宏ですが、4回を投げて2安打無失点。まずまずといったところです。

 両チーム唯一の得点は7回裏のソフトバンク。阪神2番手の小嶋が多村に四球を与えると、代走・福田がすかさず二盗。今宮を三振に打ち取って1死二塁となりますが、ここで細川にタイムリーを打たれました。

 投手戦となったときに足を絡めた攻撃で点を奪うのは「1点にこだわる」今季の猛虎が目指す形のひとつ。ホークスも貧打でしたが、代走に出た3選手が3盗塁。その果敢な姿勢は、見習う点もあるのではないでしょうか。

 小嶋は3回5奪三振に5四球で1失点。キレはありましたが、制球がもうひとつでした。

 打線で気を吐いたのはマートン。3の2と調子を上げてきました。開幕までには、きっちり仕上げてくれそうです。