紅白戦

◆23日・宜野座
紅:000 000 0=0
白:101 000 3=5
※打者10人特別ルール

 紅組はレフトにブラゼル!そして白組は一塁に城島。

 主力組がいよいよ実戦に登場しました。投手では紅=能見、メッセ、球児、西村、白=岩田、スタン、福原、榎田。

 白組の得点は1回、新井のタイムリー。3回、売り出し中の大和のタイムリー。7回、西村からマ−トンが今年実戦初安打で出塁。続く新井がこの試合2度目のタイムリーを放ちました。

 そして、城島が2ランホームラン!右の主軸3人に打たれた西村投手は、持ち味である右打者のインコースへの鋭いシュートが投げづらそうでした。紅白戦は絶対にぶつけるわけにはいきませんからね。

 内角へのシュートが得意な投手はこの時期、どうしても不利ですが、それにしても城島の一振りは見事でした。