キャンプ情報:正念場の5年目右腕が205球!

 宜野座キャンプの2月4日、金本選手が今年初の屋外フリー打撃に臨み、50スイングでサク越え10本。スポニチ評論家の矢野氏も「昨年とは雲泥の差」と目を細めていました。右肩の方も70メートルの遠投も可能にまでなっていますから、ここまでは順調と言えそうです。今季はたのんまっせ!

 ちょうど1年前のきょう(2月5日)のキャンプの模様を伝えた翌6日付のスポニチ大阪版を振り返ると、一二三選手の記事がありました。見出しには「剛球連発!!初ブルペン」。ご存知の通り、今季からは野手に転向して奮闘しています。あの王貞治さんも、投手として入団し、野手に転向。そして「世界の王」になりました。一二三選手も名前の通り、野手として一歩、二歩、三歩とステップアップしていくことを望みたいですね!

 さて、それから1年後。安芸キャンプから届いた“小虎”情報を。5年目の石川投手が、ブルペンで205球!昨季1軍登板できなかった悔しさを今季にぶつけて、がんばってほしいものです。