ドラ1・榎田投手の初ブルペンを“連続写真”で

ドラフト1位左腕・榎田大樹投手が20日、鳴尾浜球場で入団後初のブルペン入り。50球を投げました。

投球フォームをチェックした通算317勝の伝説左腕・鈴木啓示氏(スポニチ評論家)も「投球時における下半身の使い方は理想的」と絶賛。視察した首脳陣も高評価。ますます期待が高まります。

公式サイト「スポニチ★夢阪神」では、榎田投手の投球フォームを10枚の“連続写真”で配信。「コマ送り」の要領で「即戦力フォーム」をご覧いただけます。

「スポニチ★夢阪神」トップページ、メーン写真の下にある「写真特集」からお入りください。http://dream.mainichi.co.jp/hope/s...