巨人にタイ勝 助っ人競演、最後は福原が締めた

 ◇11日 東京ドーム
阪 神 300 100 000=4
巨 人 100 000 100=2
 (神)メッセンジャー、高宮、安藤、福原ー藤井
 (巨)菅野、高木京、宮国、田原誠、戸根、マシソンー小林、加藤

【勝】メッセンジャー 1勝 0敗 0S
【負】菅野 0勝 1敗 0S
【S】福原 0勝 0敗 1S
▽本塁打 ゴメス1号 マートン1号 アンダーソン1号

巨人に勝ち、対戦成績を1勝1敗のタイにしました。
第1戦をサヨナラ押し出しで落とした中、鳥谷を3番から1番、福留を5番から3番、マートンを6番から3番にした打順の組み替えがはまりました。

初回、2死二塁のチャンスで4番ゴメスが左中間越えに先制2ラン。続く5番マートンも左翼席へ運ぶソロで加点し、巨人先発の菅野から3点を先制しました。4回には1死から江越、藤井の連打で1死一、二塁に。続くメッセンジャーのバントを菅野が三塁へ悪送球。二走の江越が生還して追加点です。

メッセンジャーは先発の役目を果たす7回2失点。前日の試合で崩れた救援陣も粘り。最後は福原で締めました。9回2死二塁で長野の放った中前へ抜けそうなゴロを、大和が飛び付いて捕球。すぐに立ち上がって一塁へ送球し、間一髪アウトにして試合終了。抜ければ逆転サヨナラ負けとなるピンチを招いていただけに、和田監督は「スーパープレー。大和じゃないとできない」と絶賛でした。

投打詳細成績はこちらです。
http://www.sponichi.co.jp/baseball...