『movie〜case1・死にたがる男〜第2話』



「自殺はよくないですよぅ?考え直しましょうよぅ…ね?」



目の前に座る二十歳前後と思われる小柄な女性が、さっきから何度もそう言ってくる
その細く小さい身体のどこに吸収されるのか?彼女はさっきからチョコレートパフェを食べ続け、三杯目に突入していた。

大きな瞳を大きな黒縁メガネで囲い、黒髪の少し伸びてしまったマッシュルームカットや、黄色いチェックのシャツをブカブカのオーバーオールに押し込んだその様は、可愛らしく整っている顔立ちを、全体的に野暮ったい印象にさせている。



「…うん。やっぱり自殺はよくないですよぅ。」



自分の言葉に頷いて、また同じ言葉を繰り返した…
この頭の悪そうな幼い喋り方がいちいち堪に障る。


なんだこの状況は…?


オレンジ色の古めかしい照明と年季の入ったテーブルやソファ。この喫茶店で、彼女と出会ってから30分以上経過していた。










私は4日前に【撮影倶楽部】というサイトに『私の自殺を撮影して下さい。』とメッセージを送った。
2日間何も音沙汰がなく、何かの悪戯だったのだ。と結論づけた3日目、私のパソコンに『まだ死んでなかったら新宿駅西口の【ピース】という喫茶店で明日14:00。』というメッセージが送られてきた。
そして今、私は彼女に自殺をやめる様説得されている。





私は理解した。


これはきっと何らかの宗教の勧誘なのだ。
自殺をしようとしている精神的に弱った者を勧誘して、金をせしめるつもりなのだ。
私が無言で席を立つと「あぁ!ちょ、ちょっと待って下さぃ!」と私のジャケットの袖口を掴んだ。
彼女は大きな瞳を潤ませて「もうすこしで部長きますのでぇ!」と懇願してきた。



いやいや…

その部長とやらが来てしまったら、訳の解らない銅像やら、象牙の印鑑やら、大理石の表札などを買わされてしまうだろう。
それは、凄く、嫌だ。
私が控えめに彼女を振り切ろうとした時、「なにやってんだか…」と気だるそうに呟く声が聞こえた。
そこには、全身黒で統一された服を着た、恐ろしく肌の白い男が立っていた。





ひとまず着席して、私が宗教などに興味がない事、素寒貧ゆえ銅像などを買う金などない事を主張すると、男は目を白黒させた後、


「…ロミ、ちゃんと説明したのか?」

「え?はぃ!自殺は駄目だと説得しましたぁ!」

「死んでくれなきゃ困るだろ」

と彼女の頭をかなり強めにはたいた。

「部長痛ひですよぉ!」
と彼女は半泣きになっている。



何だこれは?
今度は私が目を白黒させていると、男が名刺を渡してきた。

男の名前は橘颯太(たちばなそうた)というらしい。肩書きに部長・監督・演出・脚本とある。
女は舌ったらずな口調で朝倉露美(あさくらろみ)と名乗った。
撮影倶楽部とは、この2人にカメラマンである石動豪(いするぎごう)なる人物を入れた3人組で構成されているらしい。



橘颯太が丁寧に説明してくれた。
まず宗教団体ではない事。
自分達は映像を専攻している大学生である事。
必要経費以外の金品の要求は一切しない事。
そして依頼費も無料である事。
今後の連絡は今から渡す携帯電話でのみ取り合う事。
私の自殺を映像に収め、ドキュメンタリーを制作する事。
自分達は自殺を止める様な不粋な真似はしない事…



私が、何故君達はこんな事をしているのか?と尋ねると、橘颯太はゾッとするような冷たい目で一瞥した後、唇を片方だけあげて「…暇潰しですかね?」とニヤリと笑った。

「部長。感じ悪いですよ」と朝倉露美が注意すると、また頭をはたかれていた。



とにかく私は、少し安堵していた。朝倉露美はともかく、橘颯太は単なる傍観者のスタンスだ。
変な正義感や常識を押しつけてくる様子ではない。
ただ淡々と映像に収めてくれそうだ。
私がホッと息を吐くと橘颯太は





「さて、ここが一番重要です。」と、前置きした後




「あなたの物語を、あなたは誰に見せたいですか?」






心臓がドクンと跳ねた。
なぜだか解らないが、異様な迫力があった。
周囲のざわめきが消え、心臓の鼓動だけが聞こえる。

橘颯太の切れ長の目が真っ直ぐに私を捕える。
それは思わず顔を背けたくなる視線だ。
テーブルの下、膝の上で震える自分の手に力を入れて、答えると



「解りました。では明日から撮影を開始します。」
と言って、他の説明はなく、2人とも店を出ていった。






現実感がなく暫く呆然とした後、ふとテーブルを見ると、伝票が置いたまま…

自分は珈琲一杯しか飲んでいないのに、朝倉露美のパフェの分も払わないといけないのか…


また少し憂鬱になった。


(つづく)

不定期連載小説。第2弾『movie 』

『case1…死にたがる男』





一身上の都合により、最近は死ぬ事ばかり考えている。




自殺する時に一番苦しいのは焼身自殺だとよく聞く。
ガソリンを浴びて、自分で火をつける。大した勇気だ。見上げたもんだ。いくら私が死ぬ気でも、土壇場で怖じ気づいてしまいそうだ。



電車に飛び込めば確実に死ねるそうだ。だが、その後の賠償問題で親族に迷惑をかけるらしい。死ぬのに他人に迷惑はかけたくない。
それに、私はよく人身事故で電車が遅延すると舌打ちしたくなる。誰でもそうだと思う。死んでまで他人に舌打ちされたくない。



飛び降りは高さによるけど、生存確率が割と高く、死ねなかった場合、下半身不随などになり自殺する前よりも悲惨な状況になってしまったりするそうだ。
地面に叩きつけられる時、物凄い音がするらしい。その音は聞いてみたいけれど、自分の身に起こる事だから聞いてる余裕はないだろう。



首を吊るのは美しくない。有り得ない程首が伸びると聞いた事がある。なんか滑稽だ。まぁ、死んでいるのだから《有り得ない》状況ではあるけれど。
それに体内に残った糞尿を垂れ流し、死体は酷く汚いらしい。台から飛び降りた時に首の骨を折って死ぬものらしいが、折れなかった場合苦しそうだ。よって却下したい



入水自殺はもっと美しくない。ひっそりと人知れず朝靄のかかる湖に静かに入っていく。その様は中々美しい。けれど溺死体は、身体がぶよぶよに膨れ上がり、とても人間には見えないらしい。検死官が一番見たくない死体の1つとよく聞く。



リストカットはどうだろうか?
血が固まらないように風呂場に入り手首を切る。
死んだ様を想像してみた。
赤い液体の中にとても白い肌で浸かっている様は中々絵になる。
うん。良さそうだ。
ただ、一人暮らしの身。発見が遅れて腐ろうもんなら、腐臭も加味して大層劣悪だ。曰く付きとして確実に今住んでいる賃貸物件の値が下がるだろう。自分より何万円も安く他人が住むのは気に食わない。よって却下。



拳銃で頭の中身をぶちまけるというのはアーティスティクな趣がある。大きな白いキャンパスにぶちまければ、素敵な作品になりそうだ。
拳銃はコメカミにあてるのではなく、口にしっかりとくわえて引き金を引くとちゃんと死ねるらしい。脳幹を破壊するのだ。
しかし、何のツテもない私にこの平和な日本で拳銃を手に入れるのは現実的ではない気がする。




他にも沢山の自殺の仕方があるだろうが、こう考えていくと死ぬのも中々難しい。
色々な条件を考えると、練炭自殺というのはよく出来ている。考えた人は頭が良い。
睡眠薬で眠っているから比較的苦しくないだろうし、怪しげな車が止まっていれば通報があり、余程下手を踏んで発見されにくい場所で行わない限り、腐るまで発見されない。という事はないだろう。

しかし車がない。
免許もない。


なので自殺サイトを覗いてみた。パソコンを起動させて検索してみると、無数の自殺サイトが検出できた。
1つ覗いてみる。
しかし、自殺を煽動するような、肯定するような、自分を殺すという事への罪悪感を薄めようと必死な人々がそこにいて好ましくない。

別に自殺に対する倫理観をここで議論するつもりはない。
私は私の思う自殺を遂行する為に、価値観が同じ者を探す為、ネットの海を游いでいった…








どこをどうして辿り着いたのかわからない。
私の目の前に1つのサイトが顔を表した。



爽やかな黄色いパステルカラーの背景に【撮影倶楽部】と青い文字。
他に何の説明もない。
タイトルをクリックしてみると、画面が切り替わり、よく意味の解らない一文が



《あなたの物語をあなたに替わって撮影します。》



どういう事だろうか?
そもそもこれは何のサイトだろうか?
私は自殺サイトを探していたはずだ。
暫くすると勝手に画面が切り替わり《依頼の申し込みはコチラ》と、パソコンのアドレスが表示された。



興味が湧いた。


気が付くと私はメッセージを送っていた。




『私の自殺を撮影して下さい。』


(つづく)

はじめに

はい。
色んなアンケートに、小説書くのを趣味と書いているので、また書きたいと思います


面倒臭がりなので、前の小説は長くなりすぎて途中で飽きてしまいました。


なので今回は五話完結をモットーに飽きる前に、飽きられる前に終わらしていきたいと思います!


どうなるかわかりませんが


【今日の気分歌】

EGO-WRAPPIN'『サイコアナルシス』

花嫁

  • 吉本純(やさしい雨) 公式ブログ/花嫁 画像1
はい。姉です。


久々に家族集合。

披露宴途中でぬけだしこれからオーディション!
受かりたいですね〜


【今日の気分歌】
Mr.Children『simple』

明日は結婚式

僕には少し歳の離れた姉が2人いて、下の姉(恭子)が明日結婚式なのです。



明日僕は泣くのでしょうか?







あれは数年前、上の姉(洋子)の結婚式の日。
僕は自分でも笑っちゃうくらい号泣していました…



お笑いをやっていると、本当に急に仕事やらオーディションやらが入ります。
あの日も、急にオーディションが入ったんです。


前日、オーディションが入ったので結婚式いけないかも。と家族にポツリと告げると、洋子は「そっか…仕方ないね」と残念そうに自分の部屋へ入っていきました。


激怒したのは恭子でした。


家族が結婚式に出ないなんてふざけるな!!と怒鳴られ、言っている事は分かりますし、俺だって本当は気持ち良く出席したい。けれど、素直になれなくて、僕は僕で言い分もあります。
それはそれは大喧嘩に。
狭い家です。
妹と弟が大声で喧嘩しているのが洋子に聞こえないはずがありません。


結婚式の前日に我が家は最悪な空気になってしまったのです。


そして結婚式当日。
オーディションは新宿で12時から、結婚式は横浜の方で14時から。
急げば間に合いそうです。
僕は結婚式で着る礼服を持って、オーディション会場に行きました。
するとそこには沢山の芸人がいて、とても時間がかかりそう…
しかし、意外とオーディションが13時くらいに終わり急げば間に合う時間です!

僕は走りました。
移動は全て走りました。
電車間に合いました。
電車駅につきました。
13時50分くらい。
全速力で走れば間に合いそうです!
僕は、ハンドボールで鍛えた脚力にものを言わせ全速力で走りました!

そこでふと、何でこんなに全速力で走れるんだろう?と疑問に思いました。
あ、荷物少ない…

僕は時間に焦るあまり、礼服も鞄も電車の中に忘れてきてしまったのです!!



まぁ、いい!!



今は洋子の結婚を弟として祝うのが先決!!
人生でベスト5にはいる全速力で駆け抜け、なんとか会場につきました。

すると、係員みたいな人達が扉をしめようとする寸前、なんとかチャペルにすべりこめました!!



親族は前の方にいるものですが、もう式は始まる寸前。
僕は一番後ろで立っています。
洋子は中学校の教師でしたので、後ろの方には洋子慕う数人の生徒の姿があり、僕を、コイツ何者だ?の目でジロジロ見てきます。


それもそうです。
結婚式にそぐわない、赤いジャケットで、下はブーツイン。激しく息を切らした得体の知れない若い男が急に入ってきたのです。

俺でも見ます。
花嫁を奪いにきたのか?とすら思います。



すると、照明が暗くなり、パイプオルガンが鳴り響き、扉が開くと、今まで見たこともないような美しい姉が、親父にエスコートされヴァージンロードを歩いていきます


洋子の美しさにも目を奪われましたが、久々に見る親父にも感慨深いものがありました。
こんなに小さかったっけ?と。
いや、違う。俺が大人になっただけだな


いきなり親父がつまづいて、会場に失笑が起きました。


そーゆー失敗が親父っぽいな!と和んだのもつかの間、ヴァージンロードの中頃に差し掛かった頃、親父の背中が急にガタガタガタッ!!と震えました。


親父が泣いているのです。


昔一緒に住んでいた頃は、親父が泣くなんて想像出来ませんでした。
親父は人目も憚らず、会場にいる誰よりも、当人達よりも、泣きながら進んでいきます。
その姿に会場も温かい涙に包まれました。


ただ親父よりも泣いている人が1人。




そう、俺です。





色んな要因が積み重なり、涙も鼻水も涎も、ダラダラ流しながら俺は号泣していたのです!!


中学生や洋子の同僚の教師達が、結婚式そっちのけで、俺の事をジロジロみてきました。
その内の1人に、「あんたワケありなんだろ?」と言わんばかりの優しい眼差しでティッシュをくれました。





それが、上の姉の結婚式でした。そして、明日は下の姉の結婚式…


果たして俺は泣くのでしょうか?













つーか、明日もまたオーディション入ってるわ!!


くわっ!!




【今日の気分歌】
チャットモンチー『Good luck my sister!!』