姓名判断で見る晩年期8画と8画の横同格の元プロレスラーの大仁田

  • 姓名判断 公式ブログ/姓名判断で見る晩年期8画と8画の横同格の元プロレスラーの大仁田厚 画像1
昨年10月31日に6年ぶり7度目の引退試合を行った元プロレスラーの大仁田厚氏(60)が28日、東京・巣鴨のプロレスグッズショップ「闘道館」で会見を行い、7度目の現役復帰を発表した。

【写真】セクシーディーバ・あべみほとタイチ

 今回の復帰は、今年7月の岡山県での豪雨に被災した少年から8月にプロレスリングA―TEAMの事務所に「鶴見で大仁田選手の試合が見たいです」と手紙が届き、長谷川GMと町田達哉広報が8月31日と9月1日に佐賀県神埼市に住む大仁田氏を訪問し復帰を直談判。「批判はすべて復帰を懇願したボクに責任。鶴見にコスチュームを用意して下さい」など懇願していた。

 返答をこの日まで保留していた大仁田氏はこの日の会見に長谷川GMと町田広報と登壇し2人に「感謝しています」と明かし、「条件があります。側面からプロレス界を応援したいという心意気だけはあります。ただ、あくまでプロレスラーと名乗ることは二度とないと思います。プロレスラーとしてリングに上がることはない。だけどプロレス大好きですから、日本人初のボランティアレスラーとしてリングに復帰したい」とA―TEAMの10・28神奈川・鶴見青果市場大会への出場を決意した。ボランティアレスラーとプロレスラーの違いを「ギャラをもらわないこと」とし今後はノーギャラでリングに上がることも宣言した。

 会見にはケンドー・カシンが記者として乱入し大仁田へ「パートナーが必要じゃないですか」と復帰戦のパートナーに名乗りを上げ、大仁田も快諾し、試合は6人タッグで大仁田、カシン、HASEGAWAがトリオを結成することになった。会見後に対戦相手がキム・ドク、橋本友彦、雷電組に決定し、試合形式は後日発表となる。

 大仁田氏は7度目の引退後、今年4月に佐賀県神埼市の市長選に出馬したが落選した。「市長爆破の夢も実現したいと思って下ります」と市長選への再出馬も掲げていた。今回の復帰に「批判もたくさんあると思いますけど、批判も応援だと思って頑張っていきたい」と声を張り上げていた。

 過去7度の引退試合は以下の通り。

 【1度目】全日本プロレス時代。1983年4月20日のへクター・ゲレロ戦で左膝蓋骨粉砕骨折の重傷を負い、一時、復帰するも回復せず引退を決断。85年1月3日に後楽園ホールで引退式を行った。

 【2度目】FMW時代。94年5月5日、川崎球場で天龍源一郎と対戦して敗れ、1年後の引退を宣言。95年5月5日に弟子の故ハヤブサと引退試合を行った。

 【3度目】参院議員時代。2003年1月7日。同年に開催予定のアフガニスタン興行を最後に引退することを発表。

 【4度目】参院議員時代。05年3月26日。01年に入学した明大の卒業式に出席後、大学とプロレスからの「卒業」と題し後楽園ホールで矢口壹琅とのタッグで天龍源一郎、越中詩郎組と対戦した。

 【5度目】長崎知事選への出馬を理由に09年12月27日の自主興行で引退を発表した。知事選は落選した。

 【6度目】10年5月5日。新木場1stRING大会で引退試合を行った。ターザン後藤と組み、元祖ザ・グレートパンク、初代ザ・シューター組に勝利した。

 【7度目】17年10月31日、後楽園ホール。引退セレモニーでは還暦記念の赤い革ジャンに身を包み母・松原巾江さんが花束を贈呈し涙を流す姿があった。試合は、ストリートファイト有刺鉄線ボードトルネードバンクハウスデスマッチで鷹木 信悟、KAIと組み、藤田和之、ケンドー・カシン、NOSAWA論外組と対戦し、サンダーファイヤーパワーボム7発でNOSAWAを倒し有終の美を飾った。
https://yoshimoto.cc/life/kantei1?...

https://yoshimoto.cc/ 吉元式新しい姓名判断