姓名判断の陰陽で解る運勢判断

  • 姓名判断 吉元鑑織 公式ブログ/姓名判断の陰陽で解る運勢判断 画像1
  • 姓名判断 吉元鑑織 公式ブログ/姓名判断の陰陽で解る運勢判断 画像2
  • 姓名判断 吉元鑑織 公式ブログ/姓名判断の陰陽で解る運勢判断 画像3
−姓名の陰陽

世の中での陰と陽という二つの相対する存在


この世の中は、陰と陽という二つの相対する存在が、バランスを保つことで成り立っています。日かげ(陰)と日なた(陽)、天と地、男と女、黒と白、寒と暖・・・。陰と陽があるからこそ、世の中のすべての生物が生まれ育ち、繁栄していけるのです。  この考え方を姓名判断にもあてはめることができます。姓名判断では、偶数の画数は「陰」、奇数の画数は「陽」を意味します。姓名に隠された陰と陽のバランスを調べることによって、その人の性格のみならず、人生における成功・不成功、健康・不健康といった運勢までも読み取ろうというのが、陰陽学という判断法です。



姓名判断における陰と陽には、それぞれ次のような意味があります。



陰──偶数(2、4、6、8、10、12・・・・・・)  おとなしい、優しい、温和。受動的なものの象徴。



陽──奇数(1、3、5、7、9、11・・・・・・)    明るい、朗らか、活発。能動的なものの象徴。



そもそも姓名の陰陽の配列は、人の運命にどのような影響を及ぼすのでしょうか。 配列のバランスには、人の心と体のバランスを調整する潤滑油のような役割があると考えます。感情や思考、行動がスムーズに連動して機能しているか、潤滑油のちょっとした差し加減の違いが、長い目で見れば顕著な差となって表れてくるかもしれません。 このような作用が続けば、まず健康に少なからぬ影響を与えるでしょう。健康を害すれば、社会での成功も難しくなるでしょうし、自分の人生のみならず、家族や周囲との関係にも陰を落すことになりかねません。逆に、体さえ丈夫で元気なら、多少の障害や困難にも立ち向かっていけますし、いつか社会的に認められて成功を収めることもできるでしょう。健康こそが、人生の運命を左右する重要な要素なのです。 そういう意味でもわたしは、健康運を占う重要な判断法として陰陽の配列を位置づけています。

詳しくはこちらからhttps://yoshimoto.cc/page414