8年

  • 横山亜紀子 公式ブログ/8年 画像1
  • 横山亜紀子 公式ブログ/8年 画像2

東日本大震災から8年。

今年も、
亡くなった彼や彼女たち、
見つかっていないあの子を思って
花を飾ります。



今日の夜空には
綺麗な夕月が浮かんでいますが
東京では 星はほとんど見えません。

8年前の被災地は
明かりを失った真っ暗な地上のうえに
満点の星空が広がっていました。

やっとの思いで津波から逃れた人は
水に濡れ凍える体で
どんな思いで夜空を見上げたのでしょうか。

津波を免れた人も、
暖房もなく真っ暗な中で
何を思って夜を明かしたのでしょうか。


2011年の3月11日、震災当日の夜空を再現した
プラネタリウム
『第二章 星よりも、遠くへ』

星空の上映に乗せて
被災された方々の経験や思いが朗読されています。

『第一章 星空とともに』に続いて
仙台市天文台が制作しました。

クラウドファンディングで
私も参加させていただき
先日、完成のDVDが届きました。


早く観たい思いと、
胃がぎゅっとなる苦しい気持ちがせめぎあって
まだ観られていません。

悲しい気持ちから逃げずにきちんと受け止めるのにも
それなりの覚悟がいるものです。


今夜、
あの日の星空とともに
被災された方々の気持ちを共有させてもらおうと思います。




そして午後10時25分からは
この『星よりも、遠くへ』が
NHK総合テレビでも特集されます。

http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/t...

是非ご覧になってみて下さい。