『 サンウルブズ 』

  • 矢野武 公式ブログ/『 サンウルブズ 』 画像1
「 ジャパン組で闘えばこんなにいいじゃん 」

誰もが思ったゲームでした。

《 〇SAストーマーズ 31-18 日本サンウルブズ× 》

立ち上がりからスクラムは厳しい。

ディフェンスは、No8ガンターの魚雷のようなタックルと、FL松橋の驚異の仕事量はじめ、頑張っていました。

しかし、相変わらずペナルティーに起因する、相手ラインアウト&モールで失点。

、、、CTBティム、、、家賃が高い、、、リトルとゲイツが居れば、、、。

SOパーカーの2つのPGで、前半 〈 ストーマーズ 14-6 サンウルブズ >


後半立ち上がりからサンウルブズ果敢! FL長谷川ナイスディフェンスでターンオーバー、、、も 攻め込んでノックオンから裏へ深く蹴り込まれ失トライ。

ここで、WTB山田章仁 今季初出場! ファンタスティック!

山田がチャンスをつくってFBマシレワ生き生きと2トライ!

この時フィールドには、

一列:三上、北出、浅原
三列:大戸、西川、松橋
SH:内田
CTB:ラファエレ
WTB:山田

断然リズムもコンビネーションも良い!

「 なんで ジャパン候補を4月から合流させなかったかな〜っ! 」

こんなに面白いラグビーするのに!

来週がサンウルブズ最終戦 《 ARGジャガーズ vs 日本サンウルブズ 》 地球の裏側 アルゼンチンはブエノスアイレス!

実況担当します!

一試合くらい 勝ち試合を実況したいよ〜っ!

*追加! ストーマーズ戦後のサンウルブズのヘッドコーチ&キャプテンの声明が届きました。

<スコット・ハンセン ヘッドコーチ代行>
我々は今日、ボールを保持し続けてて攻撃の勢いを作ることができました。ストーマーズがボーナスポイン トを狙って勝ちにきている事は認識していました。それが彼らのゲームプランだと分かっていました。しかし それに対して、我々は立ち向かう事ができました。サンウルブズは試合のテンポを上げようとしていましたが、 彼らはテンポを上げられるチャンスがあっても、それをしませんでした。結果的にストーマーズはボーナスポ イントを狙わずに、勝つために試合をスローダウンさせることを選んだのです。 結果は残念な形でしたが、我々としては次の試合に集中することが最も大事だと思っています。今日の試合 をしっかりレビューし、今季最終戦であるジャガーズ戦を迎えたいと思います。


<ヘイデン・パーカー ゲームキャプテン>
今シーズンのサンウルブズは良い時も悪い時もありましたが、今日に関して言うとチームとしてはステップ アップができた日でした。素晴らしいタックル、素晴らしいトライもいくつか挙げることができました。そし て特にディフェンス面でも非常に素晴らしいパフォーマンスでした。たしかにストーマーズ側は何人かのキー プレーヤーが抜けていたかもしれませんが、それでもサンウルブズは余りあるしっかりとしたディフェンスが できていたと思います。誇りに思います。また、スクラムに関しては過去数週間において課題となっていまし たが、今日のフォワード陣は素晴らしい働きをしてくれました。今日の試合では前向きな材料がたくさんあっ たと思います。しかしまた敗戦という結果になってしまいました。そういった意味では、 、今シーズンのこれ までのストーリーとあまり変わらない、とも言えるかもしれません