「作業員の被ばく線量、さらなる引き上げ検討」のニュースについ

作業員の被ばく線量、さらなる引き上げ検討」のニュースについて

命を懸けて働いてくれる方々がいる。
その方々がより作業し易い環境と言うか、時間と言うか…やっぱり第一は健康をもっと気遣って検討してほしい!

 
  • コメント(全5件)
  • マシュマロ【クリコン休みますm(__)m】 
    4/19 16:21

    少し前のニュースで作業員の方は、布団も十分ではないところで寝て、温かい食事もとれないていないと言っていました。ライフラインが復旧して状況は好転していることを祈りますが(その後の報道がないためわかりません)、疲れを取るのもままならない生活環境のなか、被爆の恐怖と戦いながら作業されている方たちの健康は何がなんでも守ってほしいです。
  • えみ 
    4/19 17:30

    はぁ
    ある


    世論の動向は二分されてるではないか…

    快斗君のように、作業員の健康第一に考える人と、早く放射能の拡散を収束してもらいたい人


    いずれにしても、作業に当たる東電社員、協力企業社員(下請けの下請けに至るまで)、自衛隊員、消防隊員、警察官には、被曝線量の多少に関わらず、生涯に渡り医療費免除の措置を取るべきではないかと思う

    地震がくる度に、原発作業員の恐怖が脳裏をよぎる

    政府は「第一義的には東電の責任」と言うが、命を懸けて働く方々に「国が最後まで支える」の一言もない


    私達の思いはとどかないの



  • えみ 
    4/19 19:29

    連コメ失礼m(_ _)m

    昨日の国会中継によると、食環境は整えられたそうで

    福島県選出の代議士の発言に、「現在は改善された」とありました


  • マシュマロ【クリコン休みますm(__)m】 
    4/19 19:56

    フジテレビでちょうど、作業員の労働環境について放送がありました。

    4勤2休で3食食べられるようになったものの、内容はレトルトに缶詰め。栄養の偏りが気になります。

    お風呂がないため浴びた放射物質を洗い流すこともできないまま防護服を着たまま体育館で寝るそうです。

    防護服は放射線を防ぐわけではなく、直接肌に触れないようにするだけのものだそうです。

    専門家は衛生面が非常に心配だと言ってました

    作業員の方々の不安が少しでも和らぐよう、みっちゃんさんが書いている通り、医療費免除など補償をしっかりしてもらいたいです。
  • 宇都宮快斗 
    4/19 20:55

    沢山のコメントありがとうございます!
    マシュマロさん、僕も少しテレビで見ましたけど、防護服で体育館の銀のマットレスの上で休養。
    なかなか疲れはとれないでしょう
    そして、いつ非常事態が起こるかもわからない中で作業。
    勿論速い復旧を望んでいる人は沢山いる
    みっちゃんさんの言う通り、生涯医療費免除の保障をする事が、増税よりも先ではないかと。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)