フランスへ戻ってきました & フランスの治安悪化

冬(クリスマスコンサート)と来年のコンサートのため



フランスに戻ってきました。




ただ、今回日本に滞在してる間にフランスの家に空き巣に入られ非常に気分が悪い帰国に・・・



とにかく、これからフランスに旅行に行く時は日本のに比べ警戒心200%以上で行動する事です。


経済ニュースを見ている方はご存知だと思いますが、現在フランスの景気は最悪です。そういう事もありスリ・盗み・空き巣 が多発しています。


今回日本に滞在している時に、フランスの家に空き巣が入られました。

僕の家は自動通報防犯赤外線センサーを付けていたので雨戸は壊されたものの貴重品などが盗まれた形跡はありませんでした。



警報作動時に人などが動くと反応し30秒ぐらいの内にアラーム解除を行わなければ腰が抜けるような大音量の警報がなる仕組みになっています。

警報がなると防犯センターへ自動的に異常が発信される仕組みなので日本へ防犯センターから「警報がなりました」という連絡が入ったというわけです。

警報がなったおかげで物はおそらく盗られないで住んだとは思いますが、気分はよくありませんね・・・




フランスに居る知人などここ数十年スリにあってない人までもが被害にあってるのでフランスへ旅行する方は本当に気を付けて行動をして下さい。


1必ず複数で行動(できれば3人)
2人と人の間隔も離れすぎず近づきすぎず横一列に並ばない。
離れすぎるとお互いに守りあう事が出来なくなり近づきすぎると相手が視界を遮って死角が出来てしまう
3お土産は長時間持ち歩かない
ブランド名、デパート名(ラファイエットなど)などの紙袋は目立つのでターゲットになりやすい
4エッフェル塔のキーホルダーなどを路上で売っている人から声をかけられたらターゲットになっている可能性があるので所持品が大丈夫か確認する。
なぜかと言うとエッフェル塔などを売るように見せかけて、応対してる間は当然所持品への警戒心が手薄になるのでそこを狙ってカバンを開け盗むという手口。
もちろん強引にやる事もありますが、人が沢山歩いてる時間帯は人にぶつかってしまい走って逃げる事が不可能なので声をかけられたら厳戒態勢に入ればOK


ちょっと怖い事を書きましたが注意して行動していれば大丈夫です。


それでは、久々のフランスからの日記でした。

 
  • コメント(全0件)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)