やっぱり日本人同士の柔道の方がいいな・・・

今回の柔道は足を取るのはルールで禁止されたから無くなった物の


全体的になんだかすっきりしない試合ばっかし。


国内の日本人同士の柔道の方が武士道でフェアに対戦する試合の様な気がする。


やっぱり、そのスポーツが生まれた国の精神、向かい方は外国人には分からないんだろうね。


ただ、最初と最後にお辞儀だけすれば良いというものではないと思うし・・・


現在は禁止されたが以前の足を取るレスリング的な柔道をやっていた外国人をみても外国人がいかに柔道というスポーツへの向かい方が何も分かって無いかが分かる。


やりかたが汚くてもポイント取りさえすれば勝ち!みたいな?


外国人は柔道の精神や美より金メダル取る方がメイン。


それは、メダル取る事に越した事ないけど、武士道に乗っ取ったフェアな精神で戦ってこそ「勝つ」という意味があると思う。


日本人は元々そういう考え方、感じ方を民族的に持って生れてきてると思う。


やっぱり日本人同士の柔道の方が綺麗な柔道だな・・・


ルールにおいては指導もあまり好きではないが、特に旗判定が気に食わない。
選手は大変だが有効でもなんでもいいから技が出るまで続けてほしい。