ゴールデンウィーク

28日から今日まで


軽井沢にいってました・・・ といってもわけがありまして



実は祖父が持っていた軽井沢の別荘(といっても本当に小さいミニ別荘です)があるんですが、

それををもう一度復活させようと言う事でペンキだのニスだのを塗ったりしていろいろと手直しを。


僕たちも小さい頃(中学生ぐらいまで)は夏日本に一時帰国する時は必ず遊びに行ってました。



そのミニ別荘は40年近く経ってるんですが、(母の大学時代に祖父が購入)軽井沢は湿度が低い(湿度の高い平地と違い土台の木が腐っていなかった)のと祖父は体が動かなくなる直前まで木の手入れ(ニスを定期的に塗るなど)をかなりまめにやっていた事で、非常に良い状態で残っていたと言う事。


チェリストなんですが、フランスでは大抵皆、自分で(たいていは家の主人)ニス・ペンキなどを塗るのが当たり前なので、やる事に別に抵抗はありませんし何度もやった事があります。


やってる時は作業着を着てるのでとてもチェリストとは見えませんが・・・笑


非常に微妙で電波が届かないぎりぎりの地帯なのといろいろと作業が多かったのでちょっと書く暇がなくて・・・

作業が終わった後は肉体労働でぐったり・・・ って感じで・・・ 笑


祖父譲りかこういう事は割と好きなので別に苦じゃなく楽しめました。


・・・という、今年はちょっと変わったゴールデンウィークでした。