食品の放射能の基準の疑問

4月から厳しくなったわけだけど・・・

1つ、1度として発言してなく、知りたい事は

「原発事故以前は何ベクレルだったのか?」

という事。

人間は事故が無くても、まず 平均2.4ミリシーベルト(2400マイクロシーベルト)の自然放射線を年間に浴びているわけで・・・

国際宇宙ステーションなどの宇宙飛行士は通常の150倍に当たる年間360ミリシーベルト(1ヶ月30マイクロシーベルト)。
1年居たら、実に150歳分もの放射線を1年で浴びていると言う事。
それでも生きてるんですよね・・・・宇宙飛行士は・・・




ということで先ほどの食品の放射線の話だが、畑などで育てている世界中の穀物も太陽の力で育っているのだから、少なからず自然放射線を浴びていると言う事。

「原発事故が無い時期は本当に0だったのか?」

という疑問点。

原発後の値は確認しても、僕が観る限り原発前の穀物別などで値をテレビでなどで示された事は一度としてない。

作物に入ってるかどうかは日本が当てにならないなら海外から輸入した野菜を調べれば物によって違いはあると思うが大体予想は出来るはず。
(場所によって差はあるだろうけど・・・)


僕は0だとは思えない。たとえ原発事故が無くても。


原発前の値を知りたいものだ。


なんたって・・・ その食物を食べて原発事故があるまで検査もせず平然と生きていたのだから・・・