チェロの駒をフランス駒からベルギー駒に交換

  • 宇宿直彰 公式ブログ/チェロの駒をフランス駒からベルギー駒に交換 画像1
チェロの駒をフランス駒からベルギー駒に変えました。


違いは音です。


以前、指板(音を作る黒い板の場所)の角度を変えたさいに高さが変わるので
もちろん駒も変える事になったわけで。(この時もフランス駒を使ってました)


そこまではよかったんだけど、種類としては同じフランス駒なのに音の広がりは増した物の、なぜかパワーが落ちると言う事態が発生!(つまり同じパワーで弾くと以前より弱い音しか出ないと言う事)


内部調整はいろいろやったものの、効果は限定的・・・


それで、結局ベルギー駒に交換する事に!


ベルギー駒はフランス駒よりパワフル(ダイレクト)な音が出ると言うのが特徴。


まろやか(ソフト)な音質を求めてる場合は場合はフランス駒を使います。


という事で、弦楽器専門店に3日あずけて(微妙な角度などの調整が必要なので)


戻ってきて弾いたら、同じチェロなのに「こんなに変わるのか?」



って思うほど音量にパワーが出て嬉しかった

今まで、同じ楽器で駒だけを変えた事は一度も無かったのでどの位変わる物なのかは予想がつかなかったから・・・



写真:左に写ってるのが新しく交換したベルギー駒
右のがフランス駒

フランスは真ん中の穴がハート型をしていて
ベルギーの方が足が長いのが特徴

左下に見えてる黒いのは指板です。


フランス・パリ郊外・1:14