「名前のない女たち」

  • 梅田絵理子 公式ブログ/「名前のない女たち」 画像1
  • 梅田絵理子 公式ブログ/「名前のない女たち」 画像2
  • 梅田絵理子 公式ブログ/「名前のない女たち」 画像3
こんばんは☆


今日は
新宿ケイズシネマで
モーニングロードショー
映画『名前のない女たち』を観てきました★


衝撃的でした。
とっても。


あたしの少ないボキャブラリーじゃ表現しきれないので多くは語りたくないけど。


“生きてる”って感じました。
きれいごとじゃなくて生きてるって伝わってきました。


この映画には原作があって、あたしは数ヶ月前ふらっと入った近所のコンビニでこの本を見つけて何だかすごくひかれるものがあって購入して読んでみました。


AV女優として生きる女性たち、それぞれのリアルが描かれていて、何だか目をそらせなくなりました。


その後、『名前のない女たち』が映画化されることを知り、以前ワークショップでお世話になり、映画『アワ・ブリーフ・エタニティ』でもお世話になった方が、映画の制作をなさっていることを知ってビックリし、更には『名前のない女たち』のロードショー後に、同じ新宿ケイズシネマで『アワ・ブリーフ・エタニティ』のロードショーが始まることを知り、チケットまでいただき、とってもビックリしました。


そんな何だか勝手に思い入れのある作品です。


映画の中では渋谷の街の日常の風景が度々出てきていて、上映後に渋谷を歩いていると、映画の中にいるような不思議な感覚に陥りました。


AV女優として生きている女の子の話だけど、キャッチフレーズにもあるように“普通の女の子の赤裸々な物語”なんだなぁって渋谷を歩きながら感じました。


そしてキャストの方々の迫真の演技が素晴らしかった。


パンフレットも購入したので後でじっくり見てみようと思います。


映画館ではこの後上映を控えてる『アワブリ』のポスターもありました。


色んなことを感じて、あたしもこの東京で生きているんだなーって深く感じた1日でした★