WA・WA・WA

ちゃーす!!

土曜日は「写楽」・「ブッダ展」・「ジパング展」の粋な3本立てで。

せっかくの休みなので、観たかったものを一気に観てしまえー!

と、生憎の天気にも関わらず意気込んで早起きし出かけたのは良かったんだが1発目の写楽が結構な込み具合&そこそこの規模で後半は集中力が…w

それでもやはり楽しめた。展示の内容も見所も分かりやすかったし。
絵師によってやはり個性の出方というかね、全然違うんだなぁと実感。
至近距離で筆使いとか見つつ、この時代に生きた人々にとって「粋」とはどんなものだったのか、どんなテンションで描いたんだろうなんて想像しながら観ると面白いかも。

なんだかんだで足に若干の疲れを感じつつ、続けてブッダ展も。

ブッダ(お釈迦様)って右脇の下を突き破って合掌のポーズで生まれたんだ。生後まもなく七歩あゆんで天と地を指差し「天上天下唯我独尊」と宣言したと。やばいなカッコ良すぎるだろこれ、ダメだまるで勝てる気がしない。

手塚治氏の原画も見れておぉ〜とか、へぇ〜とかとにかく唸る。そして仏像に癒される。

こうなると映画もちょっと観てみたいね。


午後は有楽町に移動してジパング展。こちらは現代の日本の、まさしく現代のアートシーンを代表する31人の作家さんによる作品の展示。

当然これだけの作家さんの作品が集結すればグっとくるものもあるし、そうでないものもある事は確か。ただ、どの作品も和風とも日本風とも言えない不思議な存在感があり、故にジパングなんだなぁ、と。先に見た2つの展示との対比もあり珍妙さが倍増。

こうして自分の表現をとことん追求して日々考え、創造し続けるクリエイティブな魂を持った作家さんが大勢いることで現代のアートシーンというものが変化し練磨されて豊かになるものなんだろうな。

モノ作りってやはり何らかにインスピレーションを受けてブワっと心を掻き立てられるワケで。3つも回って観て足はパンパンだし脳みそ溶け出そうぐらいに大量にインプットしたけども、やはり吸収しないとアウトプットもできないからね。


あーそうだ。

今月いっぱいでこちらのオフィシャルブログは移転する予定(GREEはそのまま)。

来月からは新しい企画を始めようと思っているので。

今はそのWEB制作だったり、構想を練っておりますです!

詳細は近々!!

ほな!

(-m-)

 
  • コメント(全1件)
  • 退会します(^o^) 
    6/13 00:29

    わぁ〜いいな
    うちも学生の頃みたいにいろんな博物館や美術館行ったりしてみたいなぁ


    お釈迦様には勝てませーん

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)