終わらない夏

 読書の秋でございます。



 久しぶりに
 浅田次郎作品を
 堪能しております。



 『終わらない夏(上・中・下)』



 を、ここ数日
 読んでいます。



 長風呂のお供、
 電車での移動、
 ブルドーザーの中
 トイレの中、



 隙間隙間の
 ちょっとした時間を



 豊かに埋めてくれます。



 浅田次郎作品との
 最初の出逢いは、



 『プリズンホテル(全4巻)』。



 でした。
 20代の半ば過ぎ…



 当時付き合っていた
 年上の彼女に
 勧められました。



 最初に読むなら
 コレがいいよ、と。



 女性と本の話をするのも
 いいもんですね。



 彼女のオススメ通り
 その作品から入って、



 私はどっぷり
 浅田ワールドの
 虜になりました。



 私も浅田作品を
 初めて読む人には



 プリズンホテルから、と
 オススメしています。



 受け売りですけどね。



 それから
 天切り松・闇がたりシリーズ
 なんてどうでしょう?



 天国への100マイルや
 鉄道屋などもいいですね。



 もし、浅田作品が
 気に入ったなら



 是非
 『壬生義士伝(みぶぎしでん)』を



 読んでみて下さい。



 私が今まで読んだ本の中で
 一番泣けた作品です。



 ボロボロ泣けてきました。



 不動の一位です。



 さあて、
 次は何を読もう。
 とりあえず本屋へ行こう。