ノスタルジック観劇

  土曜日、私は
 大塚の萬スタジオに



 「うるとら2B団」の舞台を
 見に行ってきました。



 萬スタジオのある
 JR大塚駅。



 久しぶりに来てみると
 改札口がずいぶんと
 様変わりしており、



 あれ?



 一瞬出口を間違えたかと
 思いました。



 でも、
 見に行きました
 うるとら2B団は



 昔のまま
 


 何も変わらない姿で
 迎えてくれました。



 受付の様子から、



 過去の公演写真を
 貼ってある廊下



 客入れの音楽



 メンバーや
 お芝居のテイスト



 
 昔のまま…



 何だかとても
 ノスタルジックな
 気分です。



 甘酸っぺ〜!



 私が24、5才の頃に
 お世話になった劇団さんで、



 2回出演させて
 頂きました。



 私が映像に入ってからは
 すっかりご無沙汰で、



 10年ぶりくらい。



 ちょっとした
 同窓会といった風情です。



 皆さん、
 私の出演したドラマや
 CMを見てくれていたらしく、



 「あー、うえぽん


 あれ見たよ!


 リッチガール・プア何とか!」



 なんて言って頂いたり。



 アハハ



 いいんです、いいんです。



 雰囲気が合ってりゃ(笑)



 懐かしい顔触れと
 お会いし、



 終始和やかな再会
 でした。



 ですが、



 私は一人にだけ
 我慢出来ずに
 小言を言いました。



 私と同い年のT。



 舞台上で見た彼の芝居が…



 もう…何というか
 あまりに昔のまま過ぎて



 平たく言いますと



 全然上手く
 なっていないんです。



 ノスタルジーを通り越して、
 どこか笑えてくるぞ。



 なぁ、Tよ。



 1年に一度
 舞台だけやって、



 役者として
 頑張りたいって



 そんなに甘くないぞ。
 


 具体的に見せてくれよ。



 お前の頑張りたいと
 やらを。



 男同士で年齢が近いと



 厳しいことも
 言います。



 叱咤激励といった
 ところです。


 


 
  • コメント(全0件)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)