腰2トン、上げる

  • 植木紀世彦 公式ブログ/腰2トン、上げる 画像1
 私、芝居をはじめて
 16年になりました。



 今まで一体何本の舞台を
 観に行ったことでしょう?



 一時期はひと月に
 5本くらい観ておりました。



 ということは一年間で…



 5本×12ヶ月=年間60本



 少ない年でも
 月1本は観るので…年間12本



 仮に平均で年間20本で
 換算しても



 16年で通算320本?! 



 すごい数です。



 そのうちの
 100本は面白くなかったと
 言っていいので(笑)



 アベレージ高し!!



 そう考えると
 舞台は恐ろしく冒険的な
 娯楽です。



 私の舞台嫌いは、
 やみくもに撒き散らした
 毒ではなく



 きちんとした統計学、及び
 臨床実験から
 来ているのです。


 
 最近では
 舞台のお知らせが来るたび、
 大変に気鬱になります。



 お付き合いがなければ
 確実に無視しますが、



 お付き合いのある人だと
 話は変わります。



 あぁ、行ってあげなきゃなぁ…


 あぁ〜 どうしよう…


 でもぶっちゃけちっとも
 行きたくないなぁ…


 椅子狭いしなぁ…



 たぶん
 面白くなさそうだし…



 誘う側の
 テンションの高さと



 誘われる私のテンション。



 その標高差に戸惑いながら、



 しぶしぶ重い腰を
 上げることになります。


 
 また、その腰が
 重いんですよ!!



 重すぎる!!



 例えるなら、もう
 【腰2トン】って感じ。



 ちょっとやそっとじゃ
 上がらんのですよ。



 でも
 そう考えますと…



 私は昨日



 すぎもとみさきちゃん出演の
 舞台を観に行ったんですが



 中野で昼12時からでした。



 うん、たぶん普通は
 行きません。



 だって腰2トンだし、
 昼12時だし。



 でも、
 この2トン腰がスムーズに
 上がったんです。



 大したもんだぜ。



 やっぱ、
 みさきちゃんの可愛さだな。



 彼女は私にとって
 “永遠の妹系”と言いますか



(なんだそりゃ?)



 ついつい顔見たさに
 劇場に向かってしまうのです。



 公演も好評のようで
 よかったです。



 ちなみに終演後は、
 せっかく重い腰を上げ
 中野まで来ましたので、



 路地裏をぶらぶらして
 食事をして帰りました。



 画像はそのとき
 偶然食べたオムハヤシ。



 美味しかったです。



 では
 そのオムハヤシを
 食べた時の心境を
 句に込めてお別れいたします。



 美味いけど…

 胸に堪える ドミグラス



 ご機嫌よう!さようなら!







 
  • コメント(全0件)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)