熱き、「越後獅子」

  • 植木紀世彦 公式ブログ/熱き、「越後獅子」 画像1
  • 植木紀世彦 公式ブログ/熱き、「越後獅子」 画像2
 ♪テンテンテン



 ツテテレテン♪



 ツッテレテテンテ テンテン♪



 懐かしい調子に


 緊張してきました。



 昨日私は
 国立劇場・小劇場に



 花柳流の日本舞踊の会を
 見に行っていました。



 元々事務所の後輩で、



 今は声優さんの事務所で
 マネージャーをしている、



 高嶋みありちゃんが一人で
 踊るというので



 応援しに行きました。



 (※私の隣に立つ、
 水色の着物を着た様子のいい女性が
 みありちゃんです。)



 マネージャーとして
 頑張っている今、



 久しぶりの表舞台が
 国立劇場で一人で踊る…



 これはなかなかのなかなかです。



 そんな彼女が踊る演目は
 「越後獅子」。



 実は私も
 日舞をやっていた頃に
 踊ったことがあります。



 しかも
 三味線を習っていた頃には
 弾いたこともあり、



 大変馴染み深い演目です。



 それだけに


 曲が聞こえてくるだけで
 自然と体が硬くなりました。



 自分がやる訳でもないのにね(笑)



 豪華なセット、
 沢山のお客様が入った客席で



 一人堂々と踊るみありちゃんは
 大変立派でありました。



 踊りも私より
 ずっと上手いです、ムフフ。



 大変結構な越後獅子でした。



 一緒に見に行った
 同じ事務所の女優さん、
 


 太田美恵ちゃんは



 隣で大変感動しておりました。



 (※見たことございません?


 太田ちゃんは最近ですと
 イトーヨーカドーのCMで



 関根勤さんの奥さん役で
 バンバン出演しております。)



 終演後は
 私たち3人で劇場近くの
 居酒屋で楽しく飲みました。



 日本舞踊で
 大きい会に出るには



 技量や年数はもちろんのこと



 大変なお金がかかると
 聞いたことがあります。



 簡単にポンポンと
 出られるものではありません。



 文字通りの
 檜舞台だったと思います。



 仲間の頑張りを見ると
 熱くなりますな。



 打って変わって
 大変よい1日でした。




 
  • コメント(全0件)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)