髑髏城の七人

  • 植木紀世彦 公式ブログ/髑髏城の七人 画像1
 路面が凍ってるから、
チャリンコ乗ってると時々ヒヤッとするわね〜



ウエキです。



こんにちは。



さてさて、では



昨日観たシネ×ゲキ
『髑髏城の七人』の感想です。



 舞台作品を映画館で観るのは
初めてです。



 最近ですと、シネマ歌舞伎などもあり



 舞台を映画化するのが流行ってきているのでしょうか?



興味津々で参りました。



 まず、チケット代がなぜだか一律
2200円なんです。



 なんでかよく分かりませんけど、
(ちょっとした小劇場みたいね)



 変わってますね。



 で、内容。



 うーん、すごい!



 面白い。



 何台のカメラが入っていたのか
知りませんが、



 違和感なく観れます。



 本来舞台というのはお客様自体が
視点を決めるものです。



 ある人は喋っている役者を観て、



 別の人はその話を聞いている役者。


 
 また別の人はセットを観てたり…



 言わば、
人によってヨリ、ヒキ、アップ、フレームアウト



 見方が違うということです。



 それを絞ってどうかな〜?



 はい、ちっとも気にならないです。



 役者さんのキャラクターのすみわけも
ハッキリしていまし、



 なにより殺陣がスゴイ!!
 みんなホントに上手いなぁ。



 どんだけ稽古したんだろう?



 観てたら私、
 だんだん顔が猪木になってきましてね、



「おい、お前にアレが出来んのか?」



「出来んのか、おい?」



「バカヤロー!」みたいな。



 小栗さんも上手いけど、



 特筆すべきは、早乙女太一さんですね。



 も〜うクルックル回って、
 刀捌きやスピード感、柳腰…



 うっとり♪(笑)



 さすがですよ。
大衆演劇のスターは違いますね。



 ちなみになんですが、



 この作品には、
過去共演させて頂いた役者さんが



たくさん出られております。



 月9でご一緒した、
小栗さん、八木ちゃん。



 太麺堂々で一緒に踊った、
友部のやっさん。



 舞台・夏光線でご一緒した、
河野さん。



 その皆さんにあれだけのものを
魅せられたら、



 こちらも触発されますよね!



 あぁ〜私も初仕事、
早くしたいな!



追伸> 髑髏城、途中15分の休憩が入ります。けっこう長い作品ですので


観に行かれる際は、お時間にゆとりをもってお出かけ下さいませ。