新しい…

さぁ、只今オーディション会場に来ております。



周りには
「ブック」(自分の写真がいっぱい入った本)を持った



モデルさんたちがいっぱいおります。



モデルさんたちは
総じてこのブックを持っております。



お〜手足なげぇ。



ウエスト細ぇ。



なんだこのモデル同士の
アメリカンな雰囲気は!?


アウェイ感満点。



控え室が、
ビバリーヒルズ青春白書みたいです。



オーディションというのは面白いもので、



それぞれの時間帯で
呼ばれているキャラクターが違いますので、



当然、やってくる人間が
ガラッと変わります。



例えば…


15時からは子供たち


16時からはヒロイン


17時からはイケメン


18時からはおデブさん



たまにイケメン部門の
終わりのほうの人たちと


おデブさん部門の
最初の人たちが控え室で
混ざることがあります。



こちらとしては
イケメン部門のあまりの眩しさに、



無条件で敬語になります。


たまにヒロイン部門と
一緒になりますと



なんだか得した気分になります。



“世の中にはずいぶんと綺麗な人たちがいるもんだ〜コノヤロ〜”と、



机の下で自分の太ももに
ナックルパートを喰らわします。(?)




どちらにせよ、
おデブさんが混ざると
絵的に楽しいでしょうね♪


さて、
オーディション会場で
なんでこんな長々と日記を書けるのか?



お前、集中してないのか?


ノン。
本日のオーディション



おそらく初めての経験だと思いますが、



3時間くらい待つようです。


会場にさえいさせてもらえず、


外で時間を潰すよう
指示されました。
新しい☆



さ〜て
どうすっかな。



飯でも喰うかな。