クロス狂想曲

  • 植木紀世彦 公式ブログ/クロス狂想曲 画像1
  • 植木紀世彦 公式ブログ/クロス狂想曲 画像2
先日の結婚式、
僭越ながら私めが
“神父”キヨヒコとして


進行役をつとめました。



より神父らしさを演出するために



首元に白い布を巻き、
クロス、十字架を装着しました。



限りなくコントに近い気も致しますが、なかなかの神父らしさでした。



しかし、この十字架に出会うまでに紆余曲折ございました。



パーティーグッズを扱うサイトで、十字架を発見。



さっそく注文することに。


(2月29日・午前11時過ぎ)



在庫があれば、すぐに
発送メールが来るのですが、一向に来ません。



(同日・午後5時)
在庫の有無を確認するため電話してみる。



『エエト、
ハッソウハ アサ10ジニナリマスカラ ゴリョショクダサイ』



電話に出たのは
中国の人。



「何時間も経ってるから、在庫くらい分かるでしょう?無けりゃ他あたるから」


『ハッソウハ アサ10ジニナリマス…テスカラ』



あ〜わかったわかった。
話が通じん。もういいや。3日に間に合えば。



今思えば、
この時点でキャンセルすりゃよかったのです…



次の日(3月1日)
在庫あり、発送するとの
メールあり。



しかし、発送は
翌日3月2日になるとのこと。



くそ〜こののんびり屋さんめ。
まぁ、3日の結婚式に
間に合えばいいか。



で、2日
待てど暮らせど荷物が来ない!



おい、2日の何時に
佐川急便に何時に送ったアルカ!?



その会社は台東区にあるから、足立区へは一日で届くはず。



でも、
結局荷物が届いたのは
結婚式をやっている、
3日の昼過ぎ。



アチョー!
十字架一個送るのに
丸3日以上かかるアルカ?


いらんわ、ボケ!
今更何に使うんじゃ!



江戸時代の飛脚の方がよっぽど早いわ!



一枚目の画像が、
その中国系会社発送の十字架。


二枚目の画像が、
本番で使用した十字架。


ウッディでかわいいでしょ?(笑)
地元のアクセサリー店で、女の子ちゃんに混じって
選んだの♪



こういう時に、
サービスの早さ、きめ細かさは日本人だな…


と再確認しますね。



まったく、三日もかけちゃタメタメヨ〜!!