彼女の仕分け作業

電車に乗っている際の
密かな楽しみ…
それは人間観察。


さ、という訳で
今日は「アラウンド還暦」


略して「アラ還」マダムの生態について見ていきましょう。


扉開いて堂々の乗車は
アラ還マダム。


まだちょっと長いので
さらに略して
「アラーム」にしてみましょうね。



両手には4つほど
荷物がぶら下がっております。



いつも荷物が多いです。



私の隣に座りましたね。



アラームは荷台は使いませんよ。
荷物重いですから。


空いていれば隣に座らせ
混んでいれば膝の上。
これは基本です。



…ガサガサ …ガサゴソ



あっ!出ましたっ!
出ましたよっ!



仕分け作業です。



買ってきた松前漬を…


ビニール袋から…
別のビニール袋へ
移しました。



買ってきた明太子は…
移さな〜い。



そして、ビニール袋を…


一旦結んで…
あ、また開けた!
開けましたよ!?


この作業の目的は何で
いつ終わるのでしょうか?なぜデパ地下でやらない?


ちなみに
先程からまぐろブツの
コーナーが



私の太ももに突き刺さっております。
困りましたねぇ。



ちょっと押し返してみましょう。



あっ!
駅に到着して
アラームの動きが慌ただしくなりましたよ。



仕分け作業を途中でやめて降りる模様です。



さ、扉が開いて〜
人が降りて〜
人が乗ってきて〜



…ん?アラーム動かない。降りないのか?



あっ、動きました。
ここでアラーム
乗ってくる人の波に
逆らうように下車。



遅いっ、タイミング
遅いですね。



いや〜素晴らしい。



私がアラームの役をやることはなかなかないと思うんですが、
(必然的にコントになる)


こういう観察も
いつかためになるんじゃないかな?


そんな意図で
ついつい見てしまいます。