男の修飾語講座〜Lesson 1〜

皆さん、こんにちわ。

男の修飾語講座の
お時間がやってまいりました。


突然ですが…
アナタは面白い人ですか?


異性とのトークで
息詰まったり、


くそ面白くないブログを
書いたりしていませんか?


大丈夫、
私もあまり面白い人間ではありません。



一緒に
修飾語を勉強しましょう!


使い方はカンタン。


カバンの中にしまっておいて、いざというときに
単語にくっつけるだけ!


さぁ、はじめましょう。



Lesson1
『男の…』


先ずは
日記のタイトルにご注目下さい。


「男の修飾語講座」と
ありますね?



修飾語講座、
だけでもいいのですが


そこに、「男の」を
付けるだけで
だいぶ印象が変わります。


私は、
舞台のチケットを予約する際、


『男のチケット予約』
というタイトルでメールします。


さらに
チケット一枚、大盛りで♪と続けるんです。


いかがですか?



それでは、実戦です。


異性に話すつもりで
以下のエピソードに、


「男の」を入れて
話してみましょう。



【快速に乗ってしまい、
目的地の駅を通り過ぎてしまった。】



×失敗例

男の快速に乗っちゃってさ〜 男の目的地を通過しちゃたんだよ。
焦ったね!



これはキツイ。

男のを入れただけです。
工夫ゼロ。

それに
連発は厳禁です。



○成功例


着いた!と思ったら
止まらない…
男の快速通過だったね。

遠ざかる駅を見て
オレは照れたね。



いかがですか?
いつもの会話と
だいぶニュアンスが違いますね?


効果的に使用するよう
心掛けましょう!



慣れない方は
いろんな単語に付けて
練習するとよいでしょう。


それでは、また来週!



※ご使用により
大ケガ大ヤケドを負われても、弊社は一切の責任を負いません。