娯楽の大切さ

原付、車の燃料がカラになり


毎日自転車で通勤してます。へるすぃウエキです。


おはようございます。


一昨日くらいから
ドイツ熱を上げております。


手塚治虫先生の
「アドルフに告ぐ」や


マンガで読む
「わが闘争」などを見て


ナチスドイツの頃の
雰囲気を感じております。


というのも明日、

「国民の映画」という
舞台を見に行くからです。


楽しみにしているんです。


不謹慎ではありますが、
ワタクシ…



今とても
娯楽を求めています。



この状況だからこそ


人々の心を潤す
娯楽の大切さを感じています。



こんなときに
そんなことを〜



みたいに思われちゃう?



我々の仕事は
そんなことだもの。
娯楽の使徒でっせ。



今の状況ですと


舞台のお知らせなんかしますと、
「不謹慎とは思いますが、」

と配慮しますでしょ?



不謹慎ですか?

私も冒頭わざと使いましたが。



暗い気持ちを少しでも
照らす。


その娯楽に
不謹慎ってことは
ないと思います。


節電なり、交通機関、
又被災された方々を
慮ってやむなく中止…


これもまたやむなしですが


公演をする人には
是非頑張って欲しいですね。

 
  • コメント(全0件)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)